Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

詰め替えインクとはどのようなものでしょうか。それは詰め替え用のインクを購入し、自分でインクカートリッジにインクを足す方法を指します。互換インクよりもさらに費用を安く抑えることができるので、この方法を利用しない手はないでしょう。では、詰め替えインクを利用することによって、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリットはやはり費用です。費用をかなり安く抑えることができるので、何はなくとも費用を抑えたいという時には力を発揮します。また、同じインクカートリッジを繰り返し使うことになるので環境にやさしく、エコにもつながります。

一方のデメリットですが、詰め替え作業が面倒だということです。実際に、詰め替え作業中に手が汚れることがありますので注意が必要です。また詰め替えをするためには専用の工具も必要となってきます。さらに、印刷の品質はやはり純正には劣ります。また、詰め替えがうまくいかないとインクが詰まったりする危険もあります。もちろん、詰まった場合にはメーカー保証はありません。このように詰め替えインクを利用することにはある程度のデメリットを踏まえて使用しなくてはなりません。

しかし、そのデメリットを克服すれば多くの費用を軽減させることが可能です。また、リサイクルトナーでもとても優れていますし、さらに費用を軽減させることもできます。

【参照】リサイクルトナーカートリッジなら – 低価格と高品質を保証するトナプロ –

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket