Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

経済的に不安定な世の中で、企業が生き残るために考えるのが、経費をどれだけ節約できるかということです。とはいえ、人件費を抑えることにはどうしても限界があります。その中で、意外と経費を圧迫しているものがインク費用です。いくら、パソコンやスマートフォン、タブレットが増え、電子データで書類を受け渡しする世の中になりつつあっても、やはり書類などはしっかりと印刷しないといけない場面がまだまだあります。そのため、インク費用は無視できません。

特に、インク費用で問題となるのはインクジェットプリンターの場合です。インクジェットプリンターの場合は、そのプリンターを製造している企業が純正インクを販売していますが、その価格は場合によってはプリンターよりも高い場合があります。これは、消費者にとっては悩ましい問題です。純正インクを数回交換するだけでプリンター本体よりも高くなるということは回避したい事実です。

では、インク費用を安く抑えるためにどのようなことをすればいいのでしょうか。実は、インクには純正インクだけでなく、ほかにも種類があります。そして、そのインクを使用することで純正インクよりも費用は安くおさえることができます。その方法とは何でしょうか。その一つは互換インクを利用するというものです。もう一つは詰め替え用を利用するという方法です。では、それぞれのインクには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket